line-s
02.04
このところ、寒さが柔らいできましたね。

暖かいといえば暖かい感じがする

感じがするというだけで、まだはっきりしませんが・・・。


そんな中、

大谷大学スポーツチャンバラ同好会(長い)は

後期お疲れ会も含めて

DSC_0429.jpg


「同好会スポーツチャンバラ合宿in近江八幡」

ということで、メンバー計8名で近江八幡へ一泊二日の合宿をしてまいりました!!


だから
今日・明日はその合宿の内容を紹介していこうと思います(++)


今回の合宿場所である近江八幡市は、


かの豊臣秀吉の次に関白となった

豊臣秀次が築いた八幡城の城下町が元になった町だそうです(事前調べ)


そんな歴史的背景から、観光地として栄えているらしいですね!


歴史学科である私としては非常に楽しみですねぇ(**)
DSC_0397.jpg

JR近江八幡駅を経由して近江八幡ユースホステルに着くと、

すぐ目に入ったのはこのスケジュール表!?
DSC_0403.jpg

この宿泊所ではスケジュールが決まっているのでしょうか(初耳)

というかティータイムって何でしょうか!?

全く未知な時間ですねぇ
これも今回の合宿の楽しみになりそう(笑)

まあそれは後の楽しみに取っといて、

早速メインであるチャンバラをしましょ~う(ーー)/

ちなみにこのユースホステルには、敷地内に多目的ホールがあり
そこで活動することにしました!!

天パー、多目的ホールに向かう!
DSC_0415.jpg



そこでチャンバラをした後(内容は省略します汗)

突然、節分だった為か、そのホール内にあの方々が乱入する事件が発生!

この事態にメンバー達はあれをばら撒いて抗戦!!
(それを拾って食べてる鳩さんも多数居たみたいですが・・・)

とりあえず、
かなりぐだりましたが、無事あの方々を退散させることが出来ました(笑)

退散させるのに協力した皆さん、
今年、幸福になると思います!!頑張って下さい(^^)b


チャンバラで一汗(冷や汗)をかいて

あの方々を退散させ

夕食を終えると、

久しぶりに「人狼」を行うことに!!

その人狼では「妖狐」という役割がすごく目立ってましたねぇ
DSC_0454.jpg


妖狐は数ある役割の中で、

人狼側でも村人側でもない第三勢力という厄介役なんですが

今回はボッコボコに排除されてました(。。)

役者が誰に代わっても必ず序盤で消されてしまうとか(涙)

また人狼をやる機会があると思うので、

妖狐さんには次回での活躍に期待しましょう!!

それにしても不思議な現象でした(何の話だ・・・)


結局三時間ほど人狼をした後、就寝することになりました。


それにしても夜に人格が変わる人が居るという話は本当ですね(焦り)


ずっと訳の分からない話をし続ける人や毛布を体に巻きつける人、


枕を投げたくてウズウズしている人や

夜通しで大富豪したくて、布団に入ろうとしなかった人等、

部屋の雰囲気が、かなり混沌としていました(怖)


まあ私は途中で寝てしまったので、人伝(ひとづて)で聞いたのですが・・・ね。


1日目は普段は見ることが出来ないメンバーの顔が見れて楽しかったですね\(^^)/

2日目はどうだったのでしょうか!?

明日に続きます!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://otanispochan.blog.fc2.com/tb.php/194-e8627714
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
スポーツチャンバラについて
プロフィール

大谷大学スポーツチャンバラ同好会

Author:大谷大学スポーツチャンバラ同好会
毎週火曜日と金曜日に京都市北区の青少年活動センターを中心に活動しています。

興味・関心を持たれた方はカテゴリから「2014年度新入生の方へ」の記事を見てください^^/
京都市北区の青少年活動センターへの地図です!!
このままだと見にくいので
大きくして見て下さいm(_ _)m

京都市北区の青少年活動センター

大きな地図で見る

新しい活動場所
京都市中京区青少年活動センター


LINE公式アカウントを開設しました!友達追加ボタンから登録よろしくお願いしますm(_ _)m

友だち追加

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
訪問者
大谷大学スポーツチャンバラ同好会 Twitter 
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
back-to-top